RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

yaro'z blog!

シルバージュエリー、アクセサリー卸販売のヤローズ最新情報
モチベーション
先日の話ですが、ちょっとした(?)・・・大柄な人なので大そうな知り合いイヒヒからミクシーに招致されました
何年か前に一度登録したのですが、活用することなく終わってました
それにしても今さら再登録しても、何の役に立つのかしら?
まぁ暇つぶしにはなるべ
そんな衝動で再登録を決行したのです
そこで思い出した事が・・・
そう言えば、年末に中学の同窓会に誘われたっけ?
メンバーが良く分からなかったので、お断りしたのですがノーノー
その集まりがミクシーの同窓会のコミュニティが何チャラカンチャラって
ちょいと覗いてみましょうか?
確かにそんなコミュニティは存在しました
「え〜と、高校も大学もあるのかぁ」
高校は男子校なので、特に興味なしイヒヒ
大学もおおよその人間は携帯で連絡取れるしなぁ
と、その時ある人物に目が止まりました
この子は大学のサークルで妹の様に可愛がってた後輩ではないのか?
覗いてみるとお子さんの写真が・・・
「お母ちゃんそっくりじゃないかてれちゃう
間違いない、あの子だ
そんなキッカケで15年以上振りに後輩と再会したのでした
純粋無垢に楽しさだけを追求して遊んでたあの頃
それに何故だか後輩達はなついてくれて、着いて来てくれました
なんか家族のように毎日一緒にいた気がする
懐かしさのあまり、半分涙目悲しい
そうだよな、あの時のモチベーションどこに行ってしまった?

昨年ある事件をキッカケに中学の後輩と接する機会が多くなりました
後輩ではあっても、中坊の時は知らない訳で後輩って言う意識もないんですがね
事件の当初、自分は足軽隊には所属したものの、最後尾にいたハズでした
やいのやいの言ってるうちに、気がつたら最前線に担ぎ出されウルトラ警備隊に任命されていました
最前線に行くと当然目の前にはハシゴが立っているのです
周囲におだてられ、そのハシゴを使って屋根の上に登りました
ふと後ろを振り返ると、誰もいませんでした
しかもハシゴも外されてました撃沈
「降りられないじゃないかびっくり!
こんな状況で後輩の面倒を見る事になったのですが、正直戸惑ってました
どう持って行けば良いのか?
知らない人間が見ると普通のカップルに見える訳で、それは相手にも迷惑を掛けるんじゃないか?
お互いに精神的なショックがあって、傷をなめ合ってるのか?
それってお互いのために決して良くないんじゃないか?
色んな迷いがあって疲れましたポロリ
「疲れたよパトラッシュ犬僕はもう眠いんだ・・・zzz
そんな時に大学時代の後輩と再会したのです
そうだ!あの時の俺で良いじゃないか
いつから俺はこんな気使い屋さんになったんだ?
自分が楽しい楽しいとはしゃいでいたら皆が着いてきたじゃないか
俺は俺で良いんだよ
可愛い後輩のお陰で、あの時のモチベーションを取り戻す事が出来た気がします(感謝・感謝)
いずれまた直接会ってお話ししたいモノですポッ

またミクシーに招致してくれた知り合いの方
今のトコちょっとだけ感謝します
それでもミクシーの活用法が今一つかめないし
ただ大柄美容室と言う発言は撤回しませんよパクッ
| プライベート | 17:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
氷点下へGO
突然ですが・・・ちょっくら札幌に行って参ります飛行機
理由はウサ晴らし?婚前旅行?傷心旅行?
色々な憶測が飛び交いますが、全然違います
理由は何となく・・・時の流れに任せたらこうなったって感じです
それにしても今朝TVで普段は気にしない北海道の気温を見たら−9度だってムニョムニョ
こちらも寒くて良かったぁ
こちらが小春日和で、思いっきり防寒していたら笑われちゃうもんね
何しろちょっくら近所の飲み屋に行くか、1,500km先の飲み屋に行くかの差です
そんな感覚で行って参りやすイヒヒ
これで戻らなかったら、結婚詐欺に巻き込まれたと思って下さい
土産は、土産話でももって帰りますプレゼント


| プライベート | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
厄払い
あまりにも周りが騒ぐので、厄払いに行って参りました
まぁ初詣を兼ねてって感じですけどねかどまつ
何しろお初のイベントなので勝手が分からない
受付っぽいトコで年表らしき物をみると・・・
「何だよ、俺って前厄じゃん!!」
そうなんだよ、俺ってば早生まれだからさぁ、皆さんより年取るの遅いんだよノーノー
まぁ通常は前厄から厄払いってやらないと駄目なんでしょ
せっかく来たんだから払ってもらおう
受付を済ませると受付のお兄ちゃんが
「あちらの入り口からお入り下さい」
「はぁぁい」
お初の事だから素直に従わないと
建物に入ると、既に受付を終えた人たちが並んでいます
「うむ・・・これに並べば良いのかな?」
そんな雰囲気だったので、最後尾に並んでみた
それにしても・・・一人で来てるの俺だけじゃん!
ガキじゃねぇんだから、厄払いくらい一人で来いっての怒りマーク
そう思いながらお払い会場(?)へ
「かしこみ・・・かしこみ・・・」
神主さんが一人一人の名前を呼び上げます
これは噂に聞いてたので、自分が呼ばれるのを待っていた・・・
って、終わっちまったよびっくり
厄払いが終わり、すかさず神主さんへ
「すみません、俺呼ばれてないんですが・・・」
「え?ここに入る前に御札が出来たって名前呼ばれました?」
「いいえ、なんの説明もなかったもので」
「御札が出来てないと呼ばれないんですよ」
「えぇぇ!?またここで正座しないと駄目なんですか!汗
ふざけんなよ、あの受付のお兄ちゃん
若き血潮に火がついたイヒヒ
「お前何の説明もしなかっただろ!」
「いえ、中の人間が説明を・・・」
「中で何も無かったから、間違えて並んだんだろ。どこにも説明書いてないし」
「じきに呼ばれますから」
「この無責任男!俺の30分を返せ」
と、その時携帯がなりました携帯(玩具問屋さんからだ)
「ちょっと待ってろ!・・・もしもし?」
「年末発注してたダブルドライバー初荷に入ってなかったよ」
*ダブルドライバー:仮面ライダーWの変身ベルト
「マジっすか!他は?」
「トリガーマグナムも今月中としか言えないね」
*トリガーマグナム:仮面ライダーWが使う武器銃
「武器も入ってなかったの?武器は確実って言ってたじゃん」
そう只今仮面ライダWのグッズが入手困難なのです
やばい、お客さんに電話しないと
「社長!ご依頼のブツ何も調達できませんでしたよ」
「そうかぁ、それじゃネットで買っちゃおうかな」
「駄目ですよ。武器の相場も2倍になってますよ」
「でも孫達がうるさいんだよ汗
「わかりますよ。だから裏から手を回して武器だけでも手に入れようとしたんじゃないですか」
「孫達は武器よりも変身ベルトが欲しいって」
「大丈夫ですよ。若頭達(孫達)だって武器があった方が喜びますって」
「でもいつになるか分からないんでしょ?」
「ですから武器だけは今月中に何とかしますから」
「分かったよ」
「それまでは若頭達、丸腰で戦ってて下さいイヒヒ
ふぅぅ、何とか説得できたぞ
そ・れ・で・受付のお兄ちゃんだ
「お前なぁ・・・」
「あ、あの、すぐに御札用意しますので冷や汗
「はぁ?」
なんか180度態度が違うんですけど・・・なんで?

高校生頃だったでしょうか
『武器商人』と言う言葉だけがカッコよく、憧れた時期があります
年明け早々憧れの職業に就けた、そんな気がした前厄のオッサン
フタを開ければ『インチキ商人』
あのお兄ちゃんへ最後の一言
「あんまチンタラやってると武器で打つじょてれちゃう
| プライベート | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キセキ?
近所のラーメン屋さんの常連さん
一応年上なので先輩と呼んでおります
この先輩、年がら年中金欠病お金
別にバブルが弾けたとか、100年に一度の不況とか一切関係ないのです
問答無用に金欠病
酎ハイ2杯で5時間粘ってみたり、周りにお通しを恵んでもらって飲んでみたり
究極はツケで飲むんです
「へぇ、この店ツケ利くんだぁ?」
「いや、このお客さんだけです」
「そりゃそうだ」
別に肯定も否定もしません
これが彼の生きる道なのですふぅ〜ん

ある日、その先輩と別の店で出くわした
その日自分の財布には野口英世が5人ほどしか生息してなかったのです
それでも、あの店とこの店に行ってちょうど良いくらいだ
うまく行けばタクシー代だって出るかもよ自動車
そんな計算でした
「先輩も、こんなトコまで足伸ばすんだ」
「まぁね」
「俺等、次の店行くけど、先輩どうします?」
「俺、金持ってねぇんだよな」
「知ってるよ。その店ボトル入れなければ2千円で遊べるから大丈夫でしょ」
「じゃぁ行こうかな」
「俺も今日は金持ってないから、一緒ですよてれちゃう
そんな流れで2件目へ突入したのです
当然帰りは2人とも空財布フガー
帰る方向が一緒の先輩は、よっぽど気を良くしたのか
「もう一軒行こうよ!」
「いゃ俺金ないし、ってアンタも無いだろ!」
「大丈夫だよ」
「大丈夫じゃないよ。普通金が無くなったら帰るの!」
「大丈夫、俺に任せろって」
すげぇびっくり!!おもむろに『金はねぇけど飲ませろコール携帯』してるよ
この人は俺等と違って(?)常にお金持ってないから、金が無い時の遊び方を良〜く知っているw
俺はそんな引き出し持ってねぇ・・・ある意味たくましいたらーっ
そんな感じで良い歳コイたオッサン二人が空財布で3軒目へ

2,3日後ラーメン屋さんへ行くとマスターが
「先輩に奢ってもらったんですって?」
「へ?奢られたつもりはないよ。ってか何で知ってるの?」
「この街の情報はネットより早いですよ」
「別に次に先輩に会ったらお金返すつもりだよ」
「良いんじゃないですか!奢ってもらったって事でイヒヒ
「それじゃ俺のプライドが・・・」
他の常連さんが
「俺はヤツと何年も付き合ってるけど、人に奢ったなんて見た事ないよ」
「だ・か・ら、そんな人に奢られたなんて、俺のプライドが・・・」
「キセキだよ」
「キセキかぁ・・・」
そのキセキを現実の物にしてみましょうか!
次、先輩に会ったら間髪入れずに
「この前はご馳走様でした楽しい!」だな
その気合でネジ伏せてしまおうイヒヒ
| プライベート | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キセキ
私の血液型はAB型
AB型って、なぜだか皆さんから偏見をもたれてますよね
「血液型、A型でしょう?」
「違うよ」
「じゃあB型?」
「違います」
「そんじゃO型だ」
「違うって怒りマーク
「キャー!AB型だって」
「だから何だよ」
「キモイ」
最後の最後に当てといて、その扱いは何でしょう汗
絶対数が少ないんだから最後になっても当然なんだが・・・
バレーのコーチなんて
「4,50人規模の中小企業にAB型が2人いると会社が潰れるんだぞ」
「何でですか!その根拠も何も無い論理は!びっくり
「AB型は社会不適合者が多いんだ」
「そんな事言うなら、色んな会社に入って潰して回りますよ」
会社、元社長の場合
「あのAB型の野郎、会社の金200万も使い込みやがって」
「AB型だから使い込んだんじゃないでしょ!そいつが使い込んだよ」
「AB型なんてロクなもんじゃないよ」
「アンタの娘もAB型じゃないか!ぶー
AB型と言うだけで、こんな扱いです

先月、ちょっとしたゴルフコンペがあったんです
初対面と言うわけではなく、でも初めて一緒にゴルフするといったメンバー
メンバー表を見て、何となく違和感を感じた自分ふぅ〜ん
別に普段から初対面の方と回る機会なんてサラサラあるのです
でも何かが足りない、何かが多いような・・・
「俺、嫌だよこの人たちと回るのノーノー
冗談半分で周囲には言っていたんです
それでもこちらも大人の対応をしなくては
そつなくゴルフを楽しみました
その反省会の時、血液型の話になったんです
またAB型に対してどうのこうの
「別に良いじゃないですか!」こんな反論をしていると
「そうだよ、俺だってAB型だぞ」
「あっそう!○○さんもAB型なんだ」
「俺もだよ」
「自分もです」・・・今日一緒に回った人たち
「他にこのメンバーでAB型は?」
「・・・」
「誰もいないのかよ!」
「12人中4人がAB型って」
「しかも、その4人で回ってたなんて」
組み合わせを決めた人に
「知ってたの?」
「知る訳ないでしょ。今知ったんだから」
「キ、キセキだ」
「だから俺嫌だったんだ、このメンバー」
「なんで?」
「AB型どうしの融合を拒否してたんだよイヒヒ。周りがイジめるから」
恐らくAB型がこんな形で集まる確立って、そうとうだと思いますよ
| プライベート | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
泣き上手
もう時効でしょうか
叔母の葬儀での事
突然の一報に
「兄貴は来れるのか?」
「姉貴は神戸から何時に到着すんねん?」
「オカンは葬儀場までどうやって行くんだ?」
バタバタと連絡を取り合い、自分は葬式だけ出席
兄貴はロシア滞在中のため、連絡不十分で途中で放置
長男とての役割を果たそうとしない兄貴に若干イラッとしながら出席したのでした
葬儀も後半になると弔電が読まれますでしょ
「叔母さんに作ってもらった料理は決して忘れません。遠きロシアよりご冥福をお祈りします。兄貴より」
本当に料理の上手な人だったのと、イラッとした兄貴がやればできるじゃないかと言う名誉挽回の行動にウルウルと涙が出てきました汗

予想外の花輪代も自分一人で払いきり、身ぐるみを剥がされて帰る道すがらオカンが・・・
「花輪代は私が兄貴に言って徴収するから」
「別にどうでも良いよ。次に会った時に請求すれば」
「ついでだから良いのよ。弔電代も一緒にもらうから」
「何?弔電代はオカンが立て替えたのか?」
「いや、兄貴は連絡が取れないから、私が勝手に送ったのよ」
「ちょっと待てぃ!頼まれてもないのに勝手に送っちゃったのかよ!」
「だってカッコつかないじゃない。長男なのに」
「・・・。」
「弔電代だって結構するのよ美容室
「自作自演かよ!ウルッとした俺がバカだったよ!怒りマーク

こうして私はいつ依頼でしょうか?(多分子供?)
アラフォーにしてオカンに泣かされたのでした悲しい
| プライベート | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
痛い話
痛い話
売上げが伸び悩むこのご時世、収支のバランスを考えると極力出費は抑えたいモノ
そうWBCを2連覇した日本だってスモールベースボールベースボールを目指したのです
スモールベースボールは世界を制するのです
今はちっちゃくまとまって好機を伺うしかないのです

痛い話
先月はちょいと入院していたオカンが退院したのです
よせば良いのに退院祝いだと称して姉貴家族がわざわざ神戸から帰省したのです
当然受け入れる側として、ホスト役は自分?冷や汗
年甲斐も無く焼肉が食べたいと嘆願するオカン
「馬鹿野郎!病み上がりでいきなり焼肉なんて食ったら、体がびっくりして即死ぬぞ」
何の根拠もない言い訳をして焼肉屋さんを回避てれちゃう
手頃なお値段のいつもの居酒屋さんをチョイスしたのです
別に手を抜いた訳でもなく、ちゃんとした料理を出してくれるので
待ち合わせの時間に居酒屋さんへ入ると・・・
こ、こ、子供達が10人位いるびっくり
便乗して姉貴が友達を呼んだのです
その友達の子供が3人
俺よりでかい小6の男の子
その子供に便乗して同級生が3人
食い盛りの6年生が・・・「サッカーの帰りなんです」だって
どんだけ食うんだ
案の定、無責任に注文を重ねるガキども
オイオイ、今はお腹が減ってるから目だけで注文してるんだよ
お前等、牛丼屋連れて行くから、それから出直そうよ
最終的にチャーハンで遊びだすガキども
あ〜ぁ人の気も知らないで
お会計は・・・予算オーバー(ガキどもなんて眼中になかった)
想定の倍
イタ、タタタ、痛い、お財布が痛いポロリ

痛い話
先月は叔母がお亡くなりになりました
とってもお世話になった方なので悲しさと言うのもありました
そう言う思いもあったので、自分なりに香典は頑張って(?)包みました
葬儀場へ入ると我々兄弟の名前で花輪が並んでました
式も一通り終わり、オカンを連れて帰ろうとした時、いとこのお兄さんが
兄さん「伯母さん、花輪代頂けますか?」
オカン「へ?私、今手持ち無いけど」
姉貴 「私も帰省貧乏で帰りの新幹線代しか無いわよ。この前帰省したばっかだし」
兄貴 ・・・ロシア滞在中。式には出席せず
親戚中の目線が自分に
「お、俺びっくり!?別に自分の分払うのは構わないよ。オカンの時は逆にお世話になるんだから」
親戚中の目線が・・・「お前が払えぇぇって」
「何で、兄貴と姉貴の分も払わないといけないのよ」
親戚中の目線が・・・「良いじゃない、立て替えとけば」
「この人たちは立て替えたところで返す気は全くありません」
モメてもしょうがない
「分かりました。おいくら万円ですか?」
お会計は・・・予算オーバー(花輪代なんて眼中になかった)
想定の倍
イタ、タタタ、痛い、お財布が痛いポロリ

痛い話
お気に入りの時計の電池が切れたんです壁掛時計
これがまた面倒で買った所へ持っていくとスイスまで運ぶって言い出すんですよ
前回は買った所へ持っていって
「頼むからここで電池交換しておくれよ」
「工賃は多少弾みますが・・・」
と言いながら、千円で交換してくれたのです
今回は買ったトコまで行くのも面倒で、今日にも潰れそうな街の時計屋さんへ
そこは500円が電池交換の相場のトコ、1200円と平気で請求してくるボッたくり時計店なのです
今度はどんだけボッたくるんだろう?
多少ワクワクラブラブしながら時計を持ち込んだのでした
作業終了後オヤジはおもむろに
「2500円じゃな」だって
「ジジィふざけてんのか?普通1200円って暴利も知ってて、ここに持ち込んだんだけどさ」
「これはブルガリって良い時計だからのぉ」
「良い時計してる人間が皆金持ちとは限らんぞ。じゃロレックスした人間が来たら5千円取るきか?」
「フォッフォッフォパクッ
「アホか!ロレックス電池交換にきたら、そりゃ偽モノだろ!ぶー
こんなやり取りをしながら値引き交渉するのであった
お会計は・・・予算オーバー(ジジィのズル賢さなんて眼中になかった)
前回の倍
イタ、タタタ、痛い、お財布が痛いポロリ
| プライベート | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
十五の夜
とある居酒屋熱燗で、いつものメンバーでの会話
不動産会社社長:「今度車買おうと思ってるんだ」
ヤローズ社長 :「マジっすか!?あのジャガーはどうするんですか?」
不動産会社社長:「あれは捨てちゃう」
ヤローズ社長 :「どこの河川敷ですか?拾いに行くから教えて下さい」
不動産会社社長:「なに、お前あれ欲しいのか?」
ヤローズ社長 :「だって捨てるの勿体無いじゃないですか」
不動産会社社長:「じゃぁお前にやるよ」
※この方はお酒の勢いで大きい事を言うタイプではありません。本気(マジ)ですびっくり
バレーコーチ :「俺も欲しいけど駐車場が無いんだよ」
ヤローズ社長 :「コーチの家にはレクサスが2台もあるでしょ!ウチにはもう一台分の駐車場がありますよチョキ
不動産会社社長:「それじゃお前に決まりだな」
ヤローズ社長 :「やったぁ!楽しいそんじゃ明日にでも名義変更の書類揃えますよ」
(とうとう俺もジャガーのオーナーかぁパクッ

ヤローズ社長 :「ところで次は何を買うんですか?」
不動産会社社長:「プリウスだ」
ヤローズ社長 :「何ですとぉ!びっくり何でジャガーの後にプリウスなんですか!」
不動産会社社長:「ありゃ燃費が良いんだよな」
バレーコーチ :「ジャガー乗ってた社長が・・・どうせハイブリッドならレクサスか、最低クラウンでしょ」
※プリウス、クラウンのオーナーさん、すみませんたらーっ
ヤローズ社長 :「だいたい年間どれくらい走るんですか?」
不動産会社社長:「5千キロも乗らないかな」
ヤローズ社長 :「そんじゃハイブリッドにする意味が無いですよ」
バレーコーチ :「そう、そう。そんな金があるんだったらジャガーの内外装に手を入れたほうが安上がりですよ」
ヤローズ社長 :「新車買うより、200万は浮きますよ」
準ゼネコン役員:「俺なんか年間10万キロ走るよ」
ヤローズ社長 :「嘘だぁ!そんなに走れないでしょノーノー
不動産会社社長:「あんた地声がうるさいからだまっとけ」
準ゼネコン役員:「・・・」
バレーコーチ :「とにかく、その浮いた200万でパーっとやりましょうよお金
ヤローズ社長 :「そうそう、プリウスなんて乗ってる場合じゃないですよ」
不動産会社社長:「・・・分かった。今の車乗り続けるよ」
ヤローズ社長 :「あ〜ぁdown俺のジャガーが・・・プリウスなんて選択するから悲しい
外食チェーン店社長:「ちょっと!俺プリウスなんだけど怒りマーク
ヤローズ社長 :「・・・地球に優しい車ですよねてれちゃう

30分だけジャガー自動車のオーナーになれた・・・
そんな気がした夜月
| プライベート | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
使途・・・三度
因果応報
様々な生物が生息する我が事務所
今度は蜘蛛野郎・・・いわゆるスパイダーマンが現れました
昆虫、爬虫類に続いて第三の使途
「いくら苦手とは言え、このサイズは勝てるかもしれない」
そんなに慌てるほどの大きさではなかったのです
「ふっふっふ、君とは一戦を交えないといけないらしいな」
すかさずティッシュを取り、スパイダーマン補完計画
補完に成功した少年は、鳥肌を立てながらムニョムニョ外の道路へポイっとな
(良い子は真似しないでねたらーっ
「殺生はしないよ。うまく逃げてくれよ」
あとでティッシュ拾いに行くから
当然ティッシュなんて風で飛んで行っちゃうよね強風
「殺生を避ける為なんだ。見逃してくり」

翌日雨の降る中、モモちゃん号で高速を走ってました
何やら白い物体がヒラヒラと舞っております
物体はモモちゃん号に近づいてきます
「何だあれ?」
と思うのもつかの間、ボンネットにビチャって
「こ、これは濡れたティッシュだ!びっくり
しかも高速走行なのに剥れません
どんな確立でボンネットに落ちてきただよ?
サービスエリアでまさかと思いつつ、中にスパイダーマンがいるかどうか確認した事は言うまでも無いムニョムニョ

因果応報・・・単純に行動と結果と言う意味
特に悪事に対して災いが起きるという意味ではないらしい
それでもポイ捨ては二度とするまい
少年は心に誓うのであった
良く見かけるタバコのポイ捨て!
あれ本気(マジ)ムカつくんだよねぶー
捨てる所がないならタバコ吸うんじゃねえよ
だいたい今どきほぼ歩行中禁煙でしょNO!
先日も信号待ちしてると前の運転手がタバコをポイっと
「落としましたよ」
おもむろに拾って返してやったよてれちゃう
自分も言うほど善良な市民じゃないけどね
ポイ捨てすると何か起きるんじゃないの!イヒヒ
| プライベート | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
深層心理
バナナダイエットなるものが流行したじゃないですか
昔から足がつり安い体質なんです
最近は極々決まった条件の時に足がつります
それはゴルフプレー中の残り3ホール目のティーグランド
ティーショット終了後、必ずつります
上がり3ホールは本当に辛いんです
だって一度つり出したら、パター打ってもつりそうになるんだよ
酒のツマミにそんな話をしたところ、カリウム不足だって魚
「カリウムってどう摂取すんのよ?」
「バナナだよ、バナナ」
「え〜?いま流行の?俺買いたくないよ。恥かしい」
「じゃぁ毎日光物食べるか?鯖とか鯖とか鯖とか・・・」
「鯖しかねぇのかよ!そんじゃ手軽なバナナにしますポロリ
と言う事で、つい最近カリウム目的でバナナを摂取するようになりました

あなたとは違うんです!!

来月末のゴルフのお誘いがありました
お誘い頂いた皆さんには悪いですが、ゴルフ、スコアには全く興味がありませんノーノー
足がつるか、つらないか
それだけが楽しみですてれちゃう

あなたとは違うんです!!
| プライベート | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |